TOPIAHD 障害者ダイビング>ダイブパートナー/エレメンタリーコース

 
ダイブパートナーコース
IAHDオープンウォーターダイバーとして認定されたダイバーは独特なサポートを必要とする場合があり、ダイビングする際には正しいアイデアで対応できるパートナーが必要です。この場合、パートナーは障害者ダイバーを理解しお互いに助け合う能力を身に付ける必要があります。
友人のIAHDダイバーとダイビングしたい方、親戚等にIAHDダイバーを持つ方、障害者ダイビングをサポートしたい方はぜひご参加下さい。

コース終了後はIAHDダイブパートナーとして認定されます。

ダイブパートナーコース
1日目
学科講習
・オリエンテーション
・インストラクターマニュアルの説明
・規準の説明
2日目
プール講習
・各障害のタイプに合わせたシュミレーション
3日目
海洋講習
・下肢麻痺/四肢麻痺シュミレーション
最終日
海洋実習
・視覚障害シュミレーション
参加条件
●国際的に認められているスクーバダイビング指導団体においてアクティブティーチングステータスをもつインストラクターとして更新済みであり、オープンウォーターダイバーをトレーニングし認定することができる。(証明の提出)
●12ヶ月以内のダイビングメディカルの証明の提出。
●24ヶ月以内のファーストエイド/CPRトレーニングの証明の提出。
●IAHD ITC申込書を完全に記入しリストアップされている必要書類の提出。



IAHDエレメンタリーコース
楽しみながら障害者ダイビングの基本知識にふれてもらう1日間のプログラムです。
障害のタイプによる、考慮点の解説やシュミレーションを通して障害者ダイバーの視点から見えてくる、様々な問題点の解決方法について学びます。
簡単に使える手話や視覚障害者へのオリエンテーション方法など楽しい実習も含む入門コースです

エレメンタリーコース
1日目
学科講習
・障害者の種類
・ダイビングスキル
・手話の基礎
・視覚障害者へのオリエンテーション
プール講習
対麻痺シュミレ−ション

参加前条件

■16歳以上(コーススタートまで)
■国際的に認められているダイバートレーニング団体のエントリーレベル(オープンウォーター)認定の証明書の提出。
■20ダイブ以上のログの確認。
■安全潜水実施同意書、面積同意書、病歴診断書の署名と提出。

 
お気軽にお問い合わせください。
TEL
0557-36-7380
fdw@funky-dw.com
大好評!ダイビングをテーマにしたブログ!!
ダイバーになる.com[ブログ]ダイビングステップアップ.com[ブログ]ダイビングインストラクター.jp
伊豆ダイビング.com沖縄ダイビング.com
HPはこちら
ダイバーになる.com
伊豆ダイビング.com